横浜市青葉区にある「こどもの国」、よちよち歩きの子でも何にもないを楽しもう!

こんにちは、かきつばた@okmtaymです。横浜市青葉区にある「こどもの国」をご案内します。子どもの創造力、遊びの力ってすごいな!と思いました。


最新情報

椙原あやめのプロフィール
お問合せはこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム



まずは施設概要から。

こどもの国 アクセス

  • こどもの国
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700
  • 開館時間:9時30分~16時30分(最終入園時間/15時30分)、7~8月は17時まで開園(最終入園時間/16時)
  • 休館日:毎週水曜日(水曜が祝日の場合開園)・12月31日・1月1日
  • 入園料:おとな・高校生 600円、中学生・小学生 200円、幼児(3歳~) 100円、0~2歳 無料
  • 公式サイト:http://www.kodomonokuni.org/


かきつばたのお出かけアドバイス:週末や連休は車で行くのは避けた方が無難です。また、閉館時間近くに帰る場合、こどもの国駅のエレベーターが大混雑しますので、抱っこひも持参か早めに帰るといいでしょう。

また、レジャーシート持参をおすすめ!ねんねの赤ちゃんも楽しめます。

こどもの国の沿革

昭和34年4月の天皇皇后両陛下のご結婚を記念し、昭和40年5月5日に開園しました。両陛下が子どもたちが健やかに育つようにと、自然の中でのびのびと遊べる環境を基本にしており、面積は約100万㎡で横浜市青葉区と町田市にまたがって作られています。

▼沿革の碑 kodomonokuni-enkaku

こどもの国

実際に入ってみましょう。こどもの国駅から歩いて5分ほどで到着します。ベビーカーでも安心です。

▼エントランス
kodomonokuni1603-iriguchi

▼0~2歳は無料です。
kodomonokuni1603-kippu

地面にチョークでお絵かき、子ども達の画力にびっくり!
▼色とりどりのチョークで自由にお絵かきしています。
kodomonokuni1603-4

▼地面にびっしり絵が描かれています。見えますか?
kodomonokuni1603-5

▼売店ではミルク用のお湯ももらえるので、混合育児のママも安心です。
kodomonokuni1603-6
kodomonokuni1603-7

▼正面玄関から入って真っすぐ進むとまず見えてくるのが中央広場!広い!
kodomonokuni1603-8

▼遊具は3歳以上からのものが多いです。 kodomonokuni1603-9
0歳の赤ちゃんも「こども遊牧場」でピクニック気分 kodomonokuni1603-10
kodomonokuni1603-11
kodomonokuni1603-12
kodomonokuni1603-13
▼ソフトクリームは長蛇の列!並ぶのは覚悟して。 kodomonokuni1603-14
▼ホルスタイン種。えさを食べているところを間近でみることができます。 kodomonokuni1603-15
▼ジャージー種 kodomonokuni1603-16
▼羊たち。100円でえさを買って、あげることもできますよ。 kodomonokuni1603-17
▼閉館時刻は16時30分。15時半頃から混み始めます。こどもの国線は2両編成なので、早めの行動が吉です。 kodomonokuni1603-18

まとめ

いかがでしたか?こどもの国の遊具は大きいお子さんが楽しめるものが多いですが、あえて広場で家族揃ってのんびりするのもいいものです。
以上、横浜在住のかきつばたがお届けしました!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最新情報

椙原あやめのプロフィール
お問合せはこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム