「YURENIKUI(ユレニクイ)」ランニング用ウエストポーチのレビュー!

ランニング中につけていても揺れにくいポーチ、YURENIKUI(ユレニクイ)スタンダードを購入しましたのでレビューします。
以前YURENIKUI(ユレニクイ)スリムを使っていましたが、本格的にフルマラソンの大会に挑戦するにあたり、スリムでは持ちたいものが入らないと分かったためです。
なお、スリムは現在、廃盤になっています。

YURENIKUI(ユレニクイ)スタンダード

届いたときの梱包状態はこのような感じ。
丈夫な紙袋で届きました。
ダンボールをつぶす手間が省けて嬉しい。
DSC_9533

ポーチ本体部は大きく、ASUS Zenfone5(高さ約153mm 幅約75.6mm 奥行き約7.7mm)がラクラク入ります。
iPhoneはわかりません。ごめんなさい。
「これ入る?」という疑問がありましたら、twitterで@okmtaym に話しかけてくれれば試してお返事するかもしれません。
DSC_9747

YURENIKUI(ユレニクイ)スタンダードのいい点

揺れずに安定しているので、たくさん入れても少しだけ入れても気にならないです。私が入れているのは、

  • ペットボトル
  • 小さい財布
  • 携帯(通話専用)
  • スマホ(ネット専用)
  • 家の鍵

を入れています。

レース用にジェルもたくさん入ります。
DSC_9740

小さい財布はランニング専用。
小銭とカード(PASMO)を入れています。
コンビニに寄ったらPASMO決済です。
DSC_9744

小銭が入るファスナーポケットが使いやすい。お財布を入れ忘れても困らないように、500円玉を1枚入れています。
DSC_9755

ペットボトルが持ち運べる!
足の速いランナーさんには必要ない「水」。私にはとても重要なものです。

走るのが遅いからこそ、普段の練習から水分や塩分をしっかり持ち歩きたい。
また長距離レースで給水所まで水なしで持つか心配な私のような人にはおすすめできます。

今回購入したスタンダード(上)と廃盤品のスリム(下)との比較。
ウエストがスリムタイプが5㎝ほど短いため、ポーチ部分も小さいのです。何の心配はなくスタンダードで大丈夫でした。
DSC_9539 

YURENIKUI(ユレニクイ)スタンダードの欠点

メーカーの説明にもちゃんと書かれていますが、いま一度復習しましょう。

  • 正しく装着しないと揺れます!
  • Tシャツのウエスト部分はやっぱり生地が傷みます。

綿に比べて化繊は摩擦に弱く、ウエスト部分の生地が傷む可能性は高まります。
私のTシャツのウエスト部分はこんな感じ。

私の場合、走り方が良くないというのが大きいと思います。また、やっぱりTシャツはある程度消耗品と割り切って使うのがいいのではないでしょうか。
DSC_9749

欠点を踏まえたうえで、とても便利で買ってよかったと思えるランニング用のウエストポーチ、YURENIKUI(ユレニクイ)スタンダード。
直営店のRUN-WALK Style  楽天市場店さんも質問に丁寧に対応してくださいました。おすすめです。

 

 

実はランニングブログもやってます。湘南国際マラソンで初フル完走!!

マラソン一年生のフルマラソン挑戦記録

運動音痴で転勤族の母(3歳児育児中・体育はずっと2)が2018年冬に開催されるフルマラソンに挑戦する記録。2018年6月から走る練習を始めました。

running-challenge.hateblo.jp

スポリートさんに「フルマラソン挑戦企画」で出ています。

「フルマラソン挑戦企画」の検索結果

スポリートはランニングが好きな人とこれから始める人を応援する“いま走りたくなるメディア”です。

spolete.jp