ロボット掃除機「ルンバ980」を使ってみて、直感的で感動した!

こんにちは、かきつばた@okmtaymです。「アイロボット ファンプログラム」の「あなたのルンバ・ブラーバお気に入りポイント投稿キャンペーン」企画で永久モニターさせて頂いているルンバ980の口コミレビュー第1回目です。

受け取った時のレビューはこちら→2016年製ルンバ最新モデル・ルンバ980を永久モニターさせて頂けることになりました。まずは開封レポから!


最新情報

椙原あやめのプロフィール
お問合せはこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム



思った以上に簡単!説明書を読まなくてもメカオンチの私が直感で動かせた!

▼ルンバを動かすには、まず2か所の黄色い絶縁体を外します。 DSC_2767

DSC_2772

▼ルンバはあらかじめ充電されているようで、中央の丸い「CLEANボタン」を押すとすぐに動きました。 DSC_2878

ルンバの苦手分野?段差はどこまで大丈夫なの?

気になる「ルンバはどのぐらいの段差なら上れるのか?」ですが、厚み8ミリの赤ちゃん用パズルマットは難なく上れます
▼アカチャンホンポで購入した厚さ8mmの赤ちゃんマット DSC_2918

▼マットが届かない窓際のフローリング部分も綺麗に掃除してくれました。 DSC_2916

▼高さ4㎝の畳部屋への段差は上れませんでした。 DSC_2914

▼段差4㎝の玄関は、落ちたまま上がれませんでした。→バーチャルウォールで解決! DSC_2934

▼段差2㎝の物入れレールは乗りこえ、戻ってくることができました。 DSC_2928

▼動画です。音は結構大きいです。壊れると困るので、物入れの扉は閉めておくことにしました。 DSC_2925

 

エラーが出た!

快調にお掃除していましたが、「エラー2。ルンバのエクストラクターを清掃し、CLEANボタンを押して再起動してください。」というアナウンスが。「エクストラクターって何だろう?」と思い検索してみたところ、ルンバのサイトに動画付きで解説されていました。

ルンバ900シリーズエラー2:「ルンバのエクストラクターを清掃し、CLEANボタンを押して再起動してください。」

エラー2の直し方

    • ルンバを裏返す
    • 黄色のレバーを内側に押して、フレームを持ちあげる

DSC_2884

    • 2本のローラー(正式名称はエクストラクター)を取り外し、掃除する

DSC_2887

    • レシートが挟まっていました!これがエラーの原因でした。

DSC_2890

    • エクストラクターは形状が違うので、間違うことはなく安心です。

DSC_2901

DSC_2895

    • ルンバ980を表にします。ついでにダストカップのごみを捨てましょう。

DSC_2903

    • ベッドやソファの下も掃除してくれたので、ごっそり取れている予感!

DSC_2907

    • びっくりする程、ごみが取れて綺麗になりました!

DSC_2913

 

あなたも永久モニターに!?まずはアイロボットファンプログラムに登録しましょう!

▼私が今回応募したキャンペーンはこちらです。ぜひ「アイロボット ファンプログラム」に登録してみましょう。

 

ルンバ980を購入するメリット・デメリット

まだ使い始めたばかりなので、デメリットらしいものは、今のところないです。しいて言うなら、床におもちゃ等が散乱している状態だと掃除ができないことでしょうか。
逆にいうと、床に物を置かないようになるので、常にきれいな部屋を保つことができるかもしれません。音は結構大きいので、自宅でお仕事している方は、お出かけの時にセットするといいでしょう。
メリットは、とにかく賢い!
丸く掃除するのかなと思ったらそんなことはなく、綺麗に掃除してくれます。なんといっても普通の掃除機では手が届かない、ベッドやソファ下も綺麗にできてあり難いです。

まとめ

しばらく使ってみて、定期的に感想レポートしていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

以上、横浜在住のかきつばたがお届けしました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最新情報

椙原あやめのプロフィール
お問合せはこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム