横浜みなとみらい・帆船日本丸の総帆展帆(そうはんてんぱん)は一度は見ておいたほうがいい!

こんにちは、かきつばた@okmtaymです。今日は、横浜・みなとみらいにある帆船日本丸の総帆展帆(そうはんてんぱん)をご紹介します。

【更新】平成29年度のスケジュールに合わせて更新しました 2017.01.14

総帆展帆(そうはんてんぱん)とは?

1年に12回行われる予定の「総帆展帆」、平成29年は4月16日(日)から見ることができます。

帆船日本丸が最も美しく見える、29枚すべての帆をひろげる日です。日本丸の帆走する優雅な姿は「太平洋の白鳥」と呼ばれていました。この作業はボランティアの方々の協力を得て行われています。
総帆展帆(そうはんてんぱん)|帆船日本丸公式サイトより引用しました

ちょうど作業中に通りかかりました。公式サイトによると、帆を広げる作業は一時間かかるそうです。

見えますか?作業は人の手によるものなのです!ロープの上に足をかけている方も。 作業は全4回の高所作業訓練を受けた展帆(てんぱん)ボランティアの方も参加されています。

一番高いマストは、海面から46mもあり、高所恐怖症の私は想像するだけで背中がゾクゾクしてしまいます…。

「展帆(てんぱん)ボランティア」を年2回4月期(2月初旬〜3月中旬)と10月期(8月初旬〜9月中旬)募集されているので、我こそはという方は秋に応募してみて下さい!

▼マストに上って作業をされている真っ最中。

DSC_2781

▼29枚すべての帆が広がったところ。本当に美しいですね。

DSC_2829

 

満船飾(まんせんしょく)を見るチャンスは国民の休日

各国の国旗が飾られ、華やかになります。帆船日本丸の公式サイトでご確認下さい。

平成29年の総帆展帆(そうはんてんぱん)スケジュール

平成29年度 総帆展帆実施予定|日本丸メモリアルパーク公式サイト

以上、横浜在住のかきつばたがお届けしました!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村