100均(ダイソー)グッズで木調の撮影ボードをつくろう!

いつもは大判のフェルトを背景に撮影しています。
今回は商品と手持ちのフェルトの色が合わなかったので、木調ボードをつくってみました!必要なものは2つのみです。

ダイソーでリメイクシートを購入する

お好きな柄をどうぞ。このように折りたたまれたものと、ロール状に巻かれたものがあります。
※ダイソーは、店内撮影OKです。
P_20181017_132258

ダイソーでカラーボードを購入する

色は赤、青、黄と派手な色しかありません。もしかしたら売り切れだっただけで白や黒があるのかもしれません。
DSC_2151

サイズは大きい方が、撮影に使いやすいです。450×840×厚み5mmを購入しました。売り場のボードで一番大きなものでした。 DSC_2152

さて、貼りましょう

ボードの上にリメイクシートを置いて位置決め

短辺は同じサイズなので、大きくずれないように合わせます。
位置が決まったら、端っこが重いもの(辞書などが良い)を載せて動かないようにしましょう。
DSC_1993

リメイクシートの端を少しはがします

かなり薄いので気をつけて端からはがします。辞書は置いたまま。
端をはり合わせたら、あとは少しずつ、裏紙をはがしながら面積を広げていきます。
DSC_1996

 

端の処理

長辺だけリメイクシートが余るので、切らずに裏側に貼り込みます。
DSC_2002

木調撮影ボード、完成!

DSC_2000

200円(税抜)で木調ボードができました

本物の木にはかないませんが、正面から撮影する分にはかなり使えます。
斜めになると光を反射するので目立つので、その点だけ注意してください。

一級建築士のライター、模型制作大好きなあやめがお伝えしました。

お知らせ

新しい記事があがりました!
ランナーで知らない人はいないであろう人気のマグオン。セトローレ株式会社様にお話しを伺いました。

【サプリメント図鑑vol.2】「マグオン」「エネもち」編─“補給食は遠足のおやつ!?トライアスロン専門誌発の美味しいサプリ”