早起きで微妙な体調の変化に気がつく

早起きの効果って、どんなものがあるでしょうか。
朝早く起きてできた時間で何がしたいですか?

ここで重要なのは朝早く起きるという「行動」そのものではありません。
目的を間違えてはいけません。

朝決まった時間に起きるということは、自分の体調の微妙な変化に気がつくことができます。
体調が良くなければまた寝ればいいのです。

というわけで、私はこの2日間は風邪気味サインを感じたので、6時30分起きでした。
5時の目覚ましで身体のだるさ、のどの違和感を感じたので、そのまま二度寝。

睡眠をよくとり、葛根湯を飲んだおかげで熱も出ず。
少しの不調ですむことができました。

早起きの行動を目的にせず、朝の自分時間をやりたいことをしたり、体調を整えるためにつかってもいいのです。

【昨日の1日1新】
SWOT分析

 

 

The following two tabs change content below.

あやめ

全国転勤族の妻で一児の母。引越しと転勤暮らしを楽しむアイデアをブログで伝える、転勤アドバイザー。ブログ平日ほぼ毎日更新中。 都内の設計事務所勤務。毎日お客様の部屋の間取り図を拝見している現役一級建築士、旅、地域情報、文房具、落語、旅、B級グルメ。お問合せはこちらへお願いします→お問い合わせフォームライター実績はこちら→実績