副業≠サブ、副業ではなく複業。デメリットもあるけれど、相乗効果も大きい。

いまパラレルキャリアを目指して活動しています。パラレルキャリアとは、本業を持ちながら第二の活動を行うことです。

一般的に副業(副職)とは、収入の増加を目的として本業以外の仕事を行うことを指します。 それに対し、パラレルキャリアでは収入が主目的ではなく、自身のスキルアップや視野の拡大、将来に向けた自己投資として余暇時間を有効活用することを第一に考えています。

そのため、パラレルキャリアによって得たスキルや知識によっては本業にプラスの影響を与えることもあるのです。 パラレルキャリア|ビズヒントから引用しました

DSC_8515
母ちゃん業は幅広いですね。寝る直前に黒豆を食べたいと主張、ゆでないと食べられないと言っても聞きゃしねぇ!固い豆を口に入れました。あげく、廊下にこぼれる豆。

 

「副業」が収入を増やすことを目的とすることに対し、「パラレルキャリア」は社外活動、第二の活動。ボランティア活動や自営業も含まれます。

パラレルキャリア、なんてかっこよすぎて恥ずかしいので、ここでは複業と書いてみます。

複業のメリット

複数の業種を平行してやることの効果は、なんといっても相乗効果です。「本業」には主婦の家事や育児の経験も含みます。

私の場合、先日初めてライターとしてインタビューのお仕事をさせてもらいました。この時にあまり困らずにできたのは、本業の経験があったからです。

  • 名刺交換から挨拶、インタビュー開始まで=なんでもない、普通の会社員経験が役に立った。緊張せずにすんだ。
  • インタビューの流れ=建築設計であらかじめ下調べしたり、相手の要望を聞き出すことを普段から行っていた。
  • カメラ撮影=子どもが生まれて、一眼レフカメラを購入していた。(撮影技術の向上は必要です)

文章や写真レベルは向上していく必要がありますし、相手のあることなので失敗は許されません。そんなことから緊張はしましたが、適度な緊張ですんだと思います。

私は1日25時間ぐらい「満員電車に乗りたくない」って言ってますけど、「週末はあの場所を紹介しよう」とブログや旅サイトのネタを考えるとがんばれます。いや身体しんどくて、ちょっとがんばれないところまできてますけど(笑)

複業のデメリット

時間の割り振りが難しいこと。これに尽きます。

ただ、メリットでもあり、デメリットでもあると思います。時間の使い方が上手になるかもしれませんし、スケジュールが破綻して悩む人もいるかもしれません。(今の私)

ワンオペ育児をしている人が在宅でお仕事をするのも、かなり大変だと思います。

やってみたいことは並行してやってみよう

やってみたいことがあるなら、まず余った時間でやってみませんか?

時間や体力的に難しければ、分量を減らせばいいし、一時期休んで再開してもいい。

とにかく始めてみましょう。

【昨日の1日1新】
ハーゲンダッツ 華もち 栗あずき