「eFax」使用レポート。FAXがなくても、固定電話を持っていなくてもFAXのやりとりができる

仕事で電話をするのも紙を無駄に使うのも好きではありません。しかし、紙媒体の仕事で大量のFAXでのやりとりが必要になったため、「e Fax」を使ってみました。

※紙媒体の仕事はFAX、電話必須。そして時には郵便でのやり取りも…!!

インターネットファックスの「e Fax」契約手順

公式サイトにアクセス

https://www.efax.co.jp/

一番下の赤いバー、30日無料トライアルをクリック

申込情報を入力

eFax PLUS® 月払いプラン : 月額 ¥1,500(税別)か、eFax PLUS® 年払いプラン : 年額 ¥18,000(税別)を選択。
個人情報として住所やクレジットカード番号を入力します。規約に同意して登録します。

FAX番号を選択

好きな市外局番を選ぶと、FAX番号の候補が出てきます。好きな番号を選べば契約開始です。

「e Fax」送信でうまく使うコツ

WORDファイルは指定した書式通りに送らず、勝手に行間を圧縮されてしまうので、必ずPDFに変換してから送信しましょう!

これに尽きます。

書籍の校正は、相手が赤入れしやすいように、行間を大きくした書式になっています。ところが、せっかく設定した書式はギュウギュウに詰められて送られてたんです…!

解決策:ワードで送らず、PDFにして送信しましょう!

「e Fax」受信はこんな感じ

FAXが到着したらメールの添付ファイルで届きます。共有しやすいのでPDFは嬉しいですね。
ピンクで隠しているところは、お相手のFAX番号が入っています。

月額利用料がかかりますが、送信・受信とも毎月150ページ まで無料なので、一時的にFAXが必要な方には良いサービスだと思います。

https://www.efax.co.jp/

「e Fax」の解約手順は電話のみ、手続き完了は最大48時間

解約方法は、サイトを見ても見つけづらいので注意が必要です。また、解約申込の電話をしてから解約手続き完了まで、最大48時間かかるので注意してください。

月~金曜日 9:00~17:00 (祝祭日除く)に、e Faxへ電話する(0120-914-915)

聞かれたことは、

  • 氏名
  • FAX番号
  • PIN番号
  • 登録のメールアドレス

でした。私の場合、電話を切ってから24時間ほどで「サービス解約のお知らせ」メールが届きました。

 

【昨日の1日1新】
立ち食い蕎麦、仕事でグリーン車