横浜ビー・コルセアーズの試合を初めて観戦、初心者によるバスケ初観戦記

2018年3月10日(土)横浜ビー・コルセアーズと新潟アルビレックスBBの試合を観に、横浜国際プールへ行ってきました。
Bリーグ(プロバスケットボール)を生で見るのは初めてです。

初心者による、初心者さんのための観戦記です。
(横浜ビー・コルセアーズは、ビーコルと呼びます。)

プロバスケットボールリーグにはB1とB2があり、3地域(東地区・中地区・西地区)に分かれています。
ちなみに横浜ビー・コルセアーズは中地区で現在6チーム中6位。

予備知識ゼロの初心者が行っても楽しめた!

「え、バスケってプロチームがあるの?」「B.LEAGUE(Bリーグ)って呼ぶんだ?」ぐらいのバスケットボール知識ほぼ0状態でしたが、都筑区役所や街中でビーコルのチラシをよく見るようになり、近所にイベントで来ると知るうちに(子どもの行事で行けず)、気になってテレビで試合をチェックするようになりました。横浜市営地下鉄1日乗車券とのセット券が販売されていて、ちょっと行ってみようということに。横浜国際プール、家から近いんです。

観戦にあたり服装が心配になり、事前にTwitterで教えてもらいました。
私が買ったチケットは2階席だったので、周りの皆さんは普段着に当日無料配布された応援グッズという格好の人が多かったように思います。

女性は頬に薔薇のフェイスシールを貼っている人が結構いました!おしゃれ。

当日はBクラップという、紙製の応援グッズが無料配布されました。通常は500円で販売していますが、メモワールさんの企業協賛が入っている日だったので無料でした。ラッキー。
ミシン目が入っていてパタパタと折りたたんでいきます。
DSC_8584

このような形状で完成!結構大きな音がでます。
DSC_8589

Bリーグの雰囲気

写真で紹介
DSC_8563

DSC_8566

チアは洗練されていてカッコイイ!とにかく運動量がすごい。
DSC_8569

ティップオフ(試合開始)前に応援の練習があり、コールの仕方を教えてもらえるので安心です。
ちょうどお顔が隠れる角度の写真にしましたが、iPad?に選手の呼び名が出ていてわかりやすかったです。
DSC_8594

ハーフタイムも楽しめる。
DSC_8608

試合後は選手がコート内を一周します。
横浜市内ではいまだにインフルエンザが流行しているので、選手たちがコート内を回ってくれました。
普段なら1階指定席最前列のファンのみ、勝敗に関係なくハイタッチできるようです。
DSC_8618

ルールを知ってから行くと、もっと楽しめる

私はテレビでバスケットボールの試合を横目で(家事をしながら)見ていて興味がわいたので、事前にバスケットボールの基本的なルールは読んでから行きました。
バスケは体育の授業でやったぐらいの人でも、これを読めば思い出せそうです。

バスケットボールの基本的なルール|川崎ブレイブサンダース

横浜のサイトじゃなくてごめんという感じですが、読みやすかったので川崎のサイトをご紹介しました。

観戦した試合結果と個人の感想

2018年3月10日(土)の試合結果。横浜93-96新潟

個人の感想ですが、

  • バスケットボールは学校の授業でやっただけの人もわかりやすい。
  • 展開が早いので目が離せない。飽きない。
  • 終了時間も読みやすい(プロ野球と比べて)ので、子連れでも行きやすい。

 

やっと試合観戦したビーコル。区役所でチラシをみつけたり、都筑区民祭に選手が来ていたけど行けなかったり、すぐ近所でフリースローイベントをしていることを知ったり(この時も行かず)、気になり始めてから気がついたら半年ぐらい経ってました。遅くなったけど、行ってよかった。

わが家はプロ野球とプロレス観戦によく行きますが、趣味がもう一つ増えました。

イケメンが多いビーコルですが(以前からファンの皆さん、不謹慎ですみません)、試合を観て川村選手のファンになりました~!
翌日、選手グッズが買えるビーコルセンターに行ってみたけど、川村選手のキーホルダーだけ売り切れでしたわ…。また買いに行こう。

ビーコルセンター前で写真を撮るぐらいには、横浜ビー・コルセアーズが気になっている!

横浜ビー・コルセアーズは、神奈川県横浜市を本拠地としてB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームです。 「コルセアーズ」は英語で「海賊たち」という意味で、ファンの皆さんは海賊風のファッション

bun-ten.com