なんで1歳から幼児教室に行かせなくちゃと思ってしまったんだろうか?体験キャンペーンで目が覚めた。

なんだかね、焦ってね。ショッピングセンターで体験キャンペーンをやってたから行ってきました。
青いキャラクターの幼児教室、まだ1歳0か月なのに。

まぁあちらも少子化で必死なわけです。

ショッピングセンターのベビー休憩室に来て、子どもにご飯をあげているママさん一人ひとりにチラシを渡して見学に来ないかと営業。すごい。

転勤でも全国にお教室がありますから大丈夫ですよ~。→ 前任地の帯広市、教室ないですけど?

横浜市都筑区や青葉区、港北ニュータウンって教育熱心な家庭が多いらしく、幼児教室からお受験教室など色々あるんですよね。

で、今日青いキャラクターの幼児教室に行ってみました。

1歳児の内容は、

  1. プラスチックのパスタケースの穴にペットボトルのキャップを2つくっ付けたものを入れるとか、手芸屋さんにあるポンポンを入れる。
  2. ビデオで歌を流してドラえもん(言ってもうた)のぬいぐるみを持った講師の人が、生徒1人1人にご挨拶。
  3. マットで山を作って登る。
  4. 帰りのあいさつ。

以上!!! お金、かかってない!!

入会金5,000円はともかく、教室運営費が4万弱もかかるんだけど、ドイツネフ社の木のおもちゃがあるわけでもないので、ほぼ家賃だと思われ。

そして講師全員が甲高い声で、講師3人と営業1人、全員が

「○○ちゃん、すっごく楽しんでますね~」(いつもこんなもんです)
「(入会)どうですかぁ?来月から一斉スタートでお席すぐ埋まっちゃうんで~」(埋まったら埋まったでいいです)と営業。

みんな同じセリフでちょっと参りました。
最後にドラえもんのお面とシール、風船をもらって終了。

もう少し年齢が上がれば数の概念とか教えるのには良さそうですね。
まぁとにかく内容と価格、教室に放り込めばとりあえず何か良い教育した気になってしまう点で、私には必要なかったみたいです。

The following two tabs change content below.

 すぎはら あやめ

全国転勤族の妻で一児の母。引越しと転勤暮らしを楽しむアイデアをブログで伝える、転勤族ママのための転勤アドバイザー。 都内の設計事務所勤務。毎日お客様の部屋の間取り図を拝見している現役建築士。文房具、落語、旅、B級グルメ好き、一級建築士。お問合せはこちらへお願いします→お問い合わせフォーム ライター実績はこちら→実績