昭和にタイムスリップ!?栃木県・足尾銅山観光へ行ってきた

先月、子鉄の息子とわたらせ渓谷鐵道のトロッコに乗った際、足尾銅山観光に寄ってきました。タイムスリップしたような場所でした。

わたらせ渓谷鐵道に乗り、大間々駅から乗車して、足尾駅で降り立った。観光地らしき場所はここしかなく「足尾銅山観光」へ。
DSC_0062

足尾銅山観光に到着!

入坑料 大人820円、小・中学生410円。結構高い。(個人の感想です)
DSC_0079

ここで買います。買ったらトロッコ列車に乗ります。
DSC_0085

リアルでちょっと怖い。
DSC_0095

トロッコに乗り、足尾銅山の中へ入ります。
DSC_0109

足尾銅山に入坑

結構暗いのと、水が上から落ちてくるので、一眼レフやビデオカメラは気をつけて下さい。
P_20180917_125207

夢に出そう。
P_20180917_125134

レストハウスが昭和

ダジャレが昭和。「銅もありがとう まだ銅ぞ!」
DSC_0167

たばこモクモクなので、入りませんでした。
DSC_0181

喫茶コーナー的なお店もありました。
DSC_0171

なんか昭和
DSC_0178

おばあちゃんちに来た的な。
DSC_0186

ミルクようかんフルーツ 300円。
DSC_0189

 

全体的にめっちゃ昭和。左手に椅子がうつっていますが、買わなくても座って休憩できそうです。
DSC_0168

トイレも昭和。
DSC_0180

時間調整には最適!?
というかここしか時間調整する場所がありません。
DSC_0191

ちょっと網走監獄に似ていた。

網走旅行記(その2) ~網走監獄へ~ – 転勤族妻の根無し草日記

3月2日の出来事です。網走監獄へは無事到着しました。 この時、すでに吹雪と言っても過言じゃないぐらいの大雪です。 ただ団体観光客がいたので安心しきっていました。 ↑この辺で気づけよ馬鹿…という声が画面の向こうから聞こえてくるようです…。でも網走はなかなか来ないだろうし、網走監獄は飽きさせない工夫が随所にしてあり、見応えがあったのです。 来た時は15台ほど止まっていた車が帰る時にはない! 「わーい、うちらが最後だね ♪ 」 ← いま考えると呑気すぎる自分に引く まんべんなく雪化粧です。これはキケンです。 ここからますます雪の激しさが増し、北海道の洗礼を受けることになるのです…

okmtaym.hateblo.jp

足尾銅山観光

  • 住所:〒321-1514 栃木県日光市足尾町通洞9-2
  • 電話番号:0288-93-3240  (足尾銅山観光管理事務所)
  • 営業時間:9時~16時30分
  • 入坑料:大人820円、小・中学生410円
  • アクセス:わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線 足尾駅から徒歩5分