転勤族の妻でも仕事がしたい!と思ったら。転勤族の妻が働くなら?

転勤族の妻は「仕事につきづらい」と言われることがあります。
個人的には地域によって仕事に就きやすい場所と、求人さえない場所、かなり差があると感じます。(地方にも住んだことがある、私個人の意見です)
チャンスが来た時にすぐつかめるように、準備をしておきましょう。

転勤族の妻がつきやすい仕事は?

「いなくなることがわかっていても仕事に就きやすい職種」「転勤で別の場所に行っても、再就職しやすい職種」です。

派遣や登録制アルバイト

期間が決まっているため、転勤が近くなれば契約更新をしないことで、急にいなくなる迷惑を最小限にすることが可能です。
都会は特に派遣や短期アルバイト、季節限定のアルバイトなど募集も多いです。

百貨店の販売やチェーン店での仕事

販売のスキルは、一度覚えると他店でも役立ちます。コンビニエンスストアやスーパーの仕事なら、仕入れやバイトのシフト調整までできるようになっておくと次でも採用されやすいです。

資格を生かした仕事

資格があるなら、それを生かせる求人を探してみましょう。
興味のある仕事なら、今から資格を取るのもありですね。(その場合は実際にその資格を生かして働いている人に話を聞いてから!資格を取っても就職には結びつかない資格も多々あります)

在宅で仕事をする

ランサーズやクラウドワークスでは、文章やイラスト、ネーミング等の仕事があります。また、特技を生かして自宅教室や、ハンドメイド作品を通信販売する方も。

まだ子どもが小さい、保育園が決まらなかった、車での外出が難しい場所に住んでいる、そもそも求人募集がない地域に転勤になった!
そんな方は在宅で仕事をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

転勤族の妻がつきやすい職場は?

ズバリ、「同じ仕事を複数人のスタッフで行っている職場」です。ママ歓迎の職場も同じことがいえると思います。

いますぐ働かなくてもいい

記事タイトルが「転勤族の妻が仕事につくには?」なのに、身も蓋もないかもしれません。でも、もしいま住んでいる地方にやってみたい仕事がないのなら。

次の転勤先で仕事ができるように、専門学校や通信教育で就職に役立つ技術を学んでもいい。
勉強をしたい分野があるなら、大学院に通ったり通信教育で学んでもいい。
ランサーズ等で在宅ワークを少しずつやってみて、個別契約がもらえるように準備してもいい。
英検やTOEIC、簿記を勉強してもいい。
趣味を深めてもいい。

興味の中から思わず仕事につながるかもしれません。

 

【編集後記】
私が今までにやったことがある仕事で、短期・期間限定のものは、

  • 年賀状の仕分け
  • お歳暮商品のギフト箱入れ(手作業なんだ!と思いました)
  • 交通量調査
  • テレビ通販の受注、消費者金融の受付など、電話の仕事
  • 司法試験の試験監督

やりたくてもできなかったことは

  • 新薬の治験(女性はできないことが多いらしいです)

皆さん、どんな仕事をしてきましたか?

【昨日の1日1新】
人生初!グミって手作りできるんですね(笑)

The following two tabs change content below.

あやめ

全国転勤族の妻、一児の母。引越しと転勤暮らしを楽しむ転勤アドバイザー、トラベルライター、建築士。お問合せライター実績