わが家の転勤族生活リアル振り返り04 ~寒冷地への引越にあたって、準備したもの~ #転勤族

こんにちは、あやめ@okmtaymです!「わが家の転勤生活リアル振り返りシリーズ」をお届けします。

東京から北海道、しかも年末年始の引越!しかも北海道は車社会です。空港についたその足で、車に乗る必要があります。真冬なので靴も普通の靴では滑ってこけます。いろいろ準備しましたよ!

雪国引越、その前に!冬靴(スノーシューズ)を買う!

旅行で北海道に行くなら、新千歳空港や札幌駅の地下街で安くて良い靴を買えるかもしれません。

が!帯広市の場合、空港から街中まで車で30分以上かかること、空港を一歩出たら道が凍結していることから、東京でスノーシューズを調達することにしました。

一年の半分は雪(10月後半に降り始めて、4月は雪解け)なので、良い靴を買うことをお勧めします。

▼生地はダウンであったか、防水なので雪解け時期も安心、ノースフェース万歳!

P1060416

▼いい靴を買ったので、しっかり2年もちました。

P1060418-2

雪国引越、その前に!本州でマイカーを買う!

うちは東京の自動車メーカーで認定中古車を買いました。雪国では雪山で車に細かい傷がつくらしく、新車を買う気はなかったこと。 我々のような転勤族で雪国から本州に来て手放す人も多く、4WDでお買い得な車が出ていたことです。

東京で車を購入し、陸送してもらい引越当日にとかち帯広空港で受け渡してもらいました。

また、雪国で運転する車を買うときは、リモコンエンジンスターターを忘れずに!部屋から車に乗る少し前にリモコンでエンジンをかけられます。寒い場所で運転するなら必須アイテムですよ~!

北海道は通販の送料が高い!欲しいものは事前に買って引越トラックに積む!

本州から沖縄への引越にもいえることですが、離島は通販の送料が高いです。

メール便にできないものは本州でお買い物しておいて、引越のトラックに載せましょう!

いらないものはエアコン!

本当です、北海道は夏でもエアコン要りません。うちは1台持っているのですが、実家に保管してもらいました。

引越が決まったら!会いたい人に会い、食べたいものを食べる!

ベタな東京観光をしたり、西荻窪の美味しいカフェに行ったり、しばらく会えなくなる人たちに会ってきました。

一か月は意外とあっという間です。引越作業はただでさえ疲れるので、外食メインにして楽しましょう。

P1040229

開業している人は、納税地の変更手続きを忘れずに!

納税地に異動があった場合には、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出してください。

国税庁HP→https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/06.htm

うちは青色申告会にも入会していたので、脱会手続きを取りました。

IMAG0374

北海道への引越が決まった時は、憧れの土地でわくわくウキウキだったんです。

でも初めての引越で転勤族の洗礼を受けました…!ちょっと鬱になりかけました。

次は転勤で知り合いがいなくて辛かった体験談をお送りします。

横浜在住・転勤族のあやめがお届けしました!

↓ 転勤族さんのブログが読めます。1日1クリック有効、更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ
にほんブログ村