転勤族の妻が面接を受けるとき。「今後も転勤・引越しがある」ということを言いますか?

転勤族の妻の皆さん、いま仕事はしていますか?
いつか働きたいですか?

いま住んでいる場所で、少しでも自分のお小遣いぐらいは自分で稼ぎたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

「転勤するから」「子どもが小さいから」と仕事の面接で断られたことはありますか?

「転勤族だから・いついなくなるかわからないから」「子どもが小さくて、いつ休むかわからないから」という理由で、転職・パート・アルバイトの面接で落とされたことはありますか? 私は一度だけあります。 職種は

bun-ten.com

仕事の面接で言う?言わない?

面接で不利になる可能性があると噂されているものに、

  • 小さい子どもがいる
  • 転勤族
  • 年齢

がありますね。小さい子がいると、会社としては急に休まれるリスクがありますし、転勤族の妻なら仕事を教えても辞められる可能性が高い。仕事を教えても妊娠して辞められるかもしれないし、年齢的に介護しているかもしれない。

人事の気持ちを考えるとわからなくもないです。
お勤めしたい場合、採用・不採用を決めるのは企業側です。こちらとしては持っている条件はかえようがありませんので、手を打つことはできません。

不利な条件は先に言おう=ミスマッチが防げる

でも、どんなに採用されたいと思っても、ごまかさない方がいいと思っています。不利な条件は先に言ってしまった方がいいとさえ思います。

なぜでしょう?

その理由は、不利な条件をわかった上で採用してくれる企業は、自分にとって働きやすい職場である可能性が高いと思うのです。
逆にいうと、「小さい子どもがいるけど、人いないからとりあえず雇おう」という会社はこちらから願い下げしておいた方がいい。お互いのためだったりします。

子どもがいても採用してくれる企業は、職場にママがたくさんいてシフトを休んでも回る仕組みができていたり。
役所関係の職場は、その職場自体も転勤があり、転勤族の妻でも採用されやすかったり。
年齢がそれなりでも採用してくれる職場は、勤めている年齢層が自分と近い可能性が高いです。

派遣(有期雇用)で探すのもアリ

引越しが落ち着いて街に慣れてきたら、そろそろ仕事探しを始める人もいると思います。
地方だと派遣の仕事はほぼないのが現状ですが、希望の職種があればお知らせしてくれるサービス等ありますから、登録してみましょう。

在宅ワークというのもアリ

子育て中の空いた時間に効率よく稼げるライティングの仕事が多いサイトです。

在宅・時短のお仕事はママワークス

時給換算で1,000円以上、1文字1円からの案件が多いです。在宅・ライティングの案件は、43件ありました。

子育て中の空いた時間(主にお昼寝時間になると思います)に少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

【編集後記】
建築業界は働く人が少なくて、時給が上がっています。そんな建築業界でも北海道帯広市での「CADオペレーター」「建築士」での募集は、2年2か月で1度もありませんでした。
通勤も厳しい地方なら、やっぱり家でできる仕事を探すのがいいと思います。