これから転勤族と結婚する人へ、たった一つのアドバイス!最強資格は運転免許です!

本人も忘れかけていますが、一応まだ転勤族の妻で、これからも引っ越しが数回ある予定です。
今日は「転勤族ってどうよ?」という話と、今後やってくるであろう心配事をまとめてみました。

また転勤族とこれから結婚する人へ、たった一つのアドバイスがあります!

The following two tabs change content below.

 すぎはら あやめ

全国転勤族の妻で一児の母。引越しと転勤暮らしを楽しむアイデアをブログで伝える、転勤族ママのための転勤アドバイザー。 都内の設計事務所勤務。毎日お客様の部屋の間取り図を拝見している現役建築士。文房具、落語、旅、B級グルメ好き、一級建築士。お問合せはこちらへお願いします→お問い合わせフォーム ライター実績はこちら→実績

転勤族ってどう?

割と楽天的な性格・仕事は一応国家資格保有・でも結構落ち込むことあり、な私が挙げてみました。

いいところ

・観光客以上の地域情報が得られる!旅行好きにはもってこい!

・グルメに詳しくなれる

・友達が増える。北海道で出会った人たちの優しさに癒されています。

・ある意味、あきらめがつく(笑)

不安なところ、ダメなところ

・「断捨離で物が減る」とは言うものの、丈の合わないカーテンをそのまま使っている

・人間関係がリセット

・病院を一から探しなおし

・仕事が見つかるか?

・子どもの転園や転校、学習の進捗が学校によって違う問題

・単純に荷造りが超面倒!体力キツイ。かといってらくらくパックなんて使えない。

・場所に慣れて本当に楽しめるまで、私は1年かかる。(それまでは無理やり「楽しいよ!楽し~い!」と言い聞かせています)

・永住はいつ?どこに?家買うの?

・転勤族といっても都会しか引越しない人、僻地ばかりの人もいるので、いろいろな人の意見を参考にする。ポジティブすぎる人にも要注意。

・国家資格を持っていても安心できない、地方で車を運転できない私は職場まで自力でいけないのだ!

これから転勤族の妻になる人へ

転勤族と結婚してまだ4年・転勤族になってからの引越もまだ2回なので、アドバイスなんてできる身分ではありませんが、やっておいたほうがいいこと。

運転免許をとっておく!!

北海道・帯広市に住んでいた時はバスが発達していましたが、それでも1時間2本でした。地方ではものすごく恵まれていましたが、運転はできたほうがいいです。これだけは間違いありません。

私、一応仕事には困らないといわれる資格を持っていますが、地方だと車通勤が当たり前・流しのタクシーなんていないところでは、「免許もっていないと職場にすら行けません!」 超重要なスキルだと思います。

 

また「転勤族の妻」はわかりやすいので使っていますが、キンギョのふんみたいで本当はあまりいいたくないところ。

地方では転勤族の妻は仕事につけない可能性もあるので、没頭できる趣味があるといいですね。趣味探しが趣味、でもいいと思います。

 

The following two tabs change content below.

 すぎはら あやめ

全国転勤族の妻で一児の母。引越しと転勤暮らしを楽しむアイデアをブログで伝える、転勤族ママのための転勤アドバイザー。 都内の設計事務所勤務。毎日お客様の部屋の間取り図を拝見している現役建築士。文房具、落語、旅、B級グルメ好き、一級建築士。お問合せはこちらへお願いします→お問い合わせフォーム ライター実績はこちら→実績