【十勝冬のイベント】冬ならでは!期間限定の楽しみ、しかりべつ湖コタン2017に行ってきました。|北海道・自然観光

然別湖(しかりべつこ)は北海道のほぼ中央、大雪山国立公園の中にある北海道で一番標高の高い場所にある湖です。
冬季には気温がマイナス30度近くまで凍てつく然別では、湖全体が凍るため1月下旬から3月中旬の約2か月間、氷の村が現れます。 2017年の開催期間は1月28日~3月20日でした。今年で36年目を迎えた「しかりべつ湖コタン」、2017年の記録として残しておきます。※写真はすべて2017年2月撮影

2019年の開催期間は、2019年1月26日(土)~3月21日(木)です。

凍った湖の上にあらわれる氷の村

DSC_0677

DSC_0672

DSC_0687

毎年デザインが違う!幻想的なアイスバー

しかりべつ湖コタンに入ってすぐの場所にアイスバー・カフェはあります。雪と氷で作られた建物イグルーは二階建てになっています。
DSC_0654

カウンターの中ではスタッフの方がアイスグラスを作られています。
DSC_0649

アルコールが飲めない私、ノンアルコールドリンクをオーダー。ドリンクは一律500円で、氷のグラスは+500円になります。
DSC_0625

DSC_0627

DSC_0618

2017年のアイスバーメニュー

DSC_0614

DSC_0615

アイスバーの中にはステージもあります

DSC_0662

この日、外気温はマイナス6度でした。
DSC_0725

世界で唯一!?凍った湖の上にある露天風呂

水着や湯あみ着の着用が許可されていますので、女性も挑戦しやすいのではないでしょうか。
DSC_0689

混浴時間 6:30~18:00、男性専用時間 18:00~20:00、女性専用時間 20:00~22:00となります。
DSC_0691

DSC_0692

まとめとして

今回写真でご紹介した施設のほか、然別湖の寒さを「気温・水温・氷の厚さ」で定期観測したデータや然別湖について学べるジオ・イグルー、宿泊体験もできるアイスロッジ(見学は10:00~15:00、宿泊体験は要事前予約)、アイスチャペル、スノーモービル体験、ノミで削って氷のグラスを作れるアイスファクトリー(1ドリンク付き1,500円)、お子様向けのアイスめいろ、夜のナイトウォッチングなど様々な体験ができます。

しかりべつ湖コタン2019

開催期間:2019年1月26日(土)~3月21日(木)
駐車場:あり、無料 マイカーで来られる方は、糠平~然別湖間は通行止めのためご注意下さい。