転勤が決まったら?引越見積もりと価格交渉のコツ!

こんにちは。独身時代から数えると引越回数は次で2桁になるかきつばた@okmtaymです。

引越が決まったら、「引越しにどのぐらいお金がかかるのか」がとっても気になりますよね。引越し条件(家族の人数、荷物量、移動距離、引越時期など)にもよりますが、見積もりにもコツがあります。

ズバリ!見積もりのコツとは?○○○を外して一括見積もりする!

一括見積で外すべき会社とは、サカイ引越センターです。なぜなら「インターネットで見積依頼をして5分以内にお客様のところへお礼の電話とアポを取る」のがサカイの会社方針なのです。
実は値引きもかなり融通をきかせてくれるので、サカイは最終手段で残しておくのがコツです!翌日でも見積もりに来てくれるので、他社の金額が出揃う日の夕方に来てもらうようにスケジュールを組みましょう。

サカイ以外の会社を一括見積!!

moving

譲歩できる点をリストアップしておく

  • 引越し日に幅をもたせる
  • 午後に搬出や搬入なら安くなるか聞いてみる
  • 長距離引越しであれば、トラック以外にJRコンテナも検討してもらう

雰囲気にのまれないように、しっかり交渉する

私も若い頃に1度「いまここでうちに決めて、午後の見積もりをいまここで断ってくれたら10万値引きします」の雰囲気にのまれて、最初に見積もりに来た引越業者に決めてしまったことがあります。
引越の価格は言い値です。焦って決めてしまわないように、見積書がそろってから決めましょう。

どんなに営業マンが良くても、引越しの印象は現場スタッフの方です。結局「運」しかない。

繁忙期は引越し会社は強気なので、割引もあまりしてくれません。現場は人が足りないので、研修が終わったばかりのスタッフがいるということもありえます。春と秋の転勤シーズンはトラックが確保できただけでも良しとしなくてはならない状況もあります。妥協ではなく妥当なラインを決めて、引越会社を決めましょう!