子どもがいるとやりたいことができない?

3歳児子育て中です。
以前は赤ちゃんがいるからできないと思っていたことが、子どもの成長に伴って、だんだんできるようになってきました。

保育園に預けられているお陰で、昼間は仕事ができていますし、朝は家族より1時間半早起きすることで自分の時間が確保できています。

0~1歳の時には私が起きたら必ず子どもも起きてしまいましたが、いまは自分では全然起きられません。むしろ保育園に行くために、起こしているほど(笑)

保育園・幼稚園入園前はきついのではないかと思う

赤ちゃんがハイハイを始めてから保育園や幼稚園の入園前が、ママにとって「やりたいことができない」時期でかなりきついのではないかと思う。

どんなに工夫しても、自分の時間を作るのってかなり難しいんですよね。

今は家でも仕事しやすい時代になりましたが、早起きしようとしたら子どももほぼ100%起きる、赤ちゃんがいるのにスマホばかりいじっているのは自分がいやだ。
そもそも家事もトイレに行くさえままならなかった。

転勤族親子のためのサークルを半年ぐらいやりましたが、0歳児がいてスマホでブログ更新するのも、赤ちゃん連れて会場の下見や抽選会にいくのも、抱っこ紐で赤ちゃん抱っこしながら申込書を書くのも、なかなか大変でした。まず時間前にたどり着くのが一苦労という感じ。

それでもやりたいなら応援するぞ!

「子供がいるせいであれもこれもできない!」と思っているママがモヤモヤしない方法 | 好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

5つのステップでその方法を教えます! STEP1: 子供がいなかったら何をしたいのか 紙に書き出してみてください。 とにかく手当たり次第。 …

kasakoblog.exblog.jp

私が思うのは、はいはい時期から入園前は、ママがやりたいことを3割ぐらいできれば満足ぐらいに思っておいた方がいいんじゃないかなということです。

 

メンターって言葉はあまり好きではないのですが、自分の3~5歩前をいっている人を参考にするのもおすすめ。

マラソンと同じ。先頭集団にくらいつくぐらいでより伸びる。
というわけで、5児ママの社労士・菊地加奈子さんのお話しを聞きに行ってきます。(応募はすでに締め切り済です)

2年前に聞いた菊地加奈子さんのセミナーはこちら。

託児付 ママのための再就職支援セミナー(パソナ)で社労士 菊地加奈子さんのお話を聞いてきました

厚生労働省H27年度託児付 ママのための再就職支援セミナー(パソナ)に行ってきました。 登壇されたのが社労士・菊地加奈子さん(ワーク・イノベーション代表、株式会社フェアリーランド 代表)だったのですが

bun-ten.com

【昨日の1日1新】 工場見学特集の雑誌