子どもが鼻に異物を詰めたら、救急電話相談へ!(横浜市)実体験談。

今日はたいへんお恥ずかしながら親(私)の失敗談です。
子どもが大きめのビーズを鼻につめて取れなくなってしまいました。痛い、痛いと大泣きで私もかなり焦ってしまいました。

  1. 救急電話相談で、医療の専門家に対応を相談・指示をあおぐ。
  2. 病院に行く時は、子どもの保険証と1万円ぐらいのお金を忘れずに。
  3. 普段からスマホと携帯の充電を十分に。


鼻に入れたビーズと同じもの。(実際に入れたものは病院カルテに貼り付けられました)

子どもが鼻に異物、まず救急電話相談へ電話(横浜市)

横浜市救急医療センター 救急電話相談

救急電話相談(24時間受付・年中無休)
#7119 (または045-222-7119)

横浜市以外でも、「地域名 救急電話相談」で、夜間救急にかかるべきか・朝まで待ってもいいのか、何科にかかればいいのか質問に対応してくれる電話番号があると思います。

看護師さんの指示をあおぐ

鼻にビーズを入れてしまい取り出せないことを伝えると、いまの時点で診てもらえる病院を案内してくれました。桜木町はかなり遠いため、川崎市の電話相談番号も教えていただきました。

わが家の近くにも夜間救急があるのですが、鼻に異物を詰めてしまった場合は、取り出すために専用の器具が必要で、小児科には器具がない。鼻に異物を入れてしまったら、小児科ではなく耳鼻咽喉科になるのだそうです。

横浜市救急医療情報センターに行くように指示されました。桜木町駅から徒歩2分の駅前にある病院です。

病院によって、行く前に連絡が必要な病院があります。事前連絡の有無も電話口の看護師さんが指示してくれますので、従いました。

夜間救急に行きました

桜木町駅からすぐの夜間救急にかかりました。

耳鼻咽喉科の先生によってあっという間に取り出していただきました。これ、自力では無理です。ピンセットやらなにやら、ずらっとならんでいました。

かなり泣きましたが、取っていただきほっとしました・・・。念のため反対の鼻腔にも異物がないか、しっかり診てくださいました。

診療費の会計は5000円弱。診療費請求書の項目には「鼻内異物摘出術」としっかり手術の扱いになっていました。

 

大変お恥ずかしながら私の体験談を書きました。

そんな私も小さい頃に、鼻の穴にマスコットのパーツ(馬の蹄、笑)を詰めて病院にいったことがあります。
(ちょっと入れてみよう→出せた)(どこまではいるかな・・・?わくわく→まだ大丈夫)(もっとはいるかな・・・?出せない、出ない、ママ~!!!!)という感じで病院に行った日を未だに覚えています。

 

夜中に病院に行って疲れたのか、今日は保育園に行きたくないと言うのでお休みです。
私も雨でロケ(フルマラソン挑戦企画に出ています)が別の日になったので、家でゆっくりしています。

ISOT 【国際】文具・紙製品展に行きたかったのですが、子どもの入場は禁止なので、明日行きたいと思います。

【昨日の1日1新】
桜木町の横浜市救急医療情報センター(もう行きたくないです)