半フリーランスに向けて心掛けていきたいこと

半フリーランスになるに向けて、心掛けていくことをまとめておきます。
DSC_9440
※記事のイメージ写真は「人生は競争ではない」
富士急ハイランドのメリーゴーラウンドを撮影。

心がけたいこと

4年ほど前に建築設計業で開業しました。一時期休業していましたが、再度継続していくことにしました。
会社員と違って体調管理がより重要になってきます。

  • 心の健康維持(家族の理解、良好な家庭運営、金銭面の安定、仕事における孤独感の解消)
  • 身体の健康(睡眠時間の確保、規則正しい生活、食生活、食材選び)
  • 体調管理(病気にならない、体調の変化に早めに気づく、体調不良になっても軽いうちに治す、夜更かししない、無理しない)
  • 仕事の分量を決め、やりきる計画力
  • 仕事の予定を詰め込みすぎない
  • 午前中にはアポをいれない(理由は、子どもが体調不良になっても午前フリーならなんとかできる可能性があるから。乳幼児ママがアポ有取材をする場合、午後にするといい理由
  • 仕事を選ぶ(とにかく詰め込みすぎない、飛びつかない)
  • 納期があまりにきついものは断る勇気を持つ
  • 複数の取引先を持つ

会社だと体調不良で休むこともできましたが、フリーランスの場合、納期は死守です。
いまのところ落としたことはないですが、子どもがいるとやっぱりドキドキします。

  • フリーランス、ライターなんて自分でなくても代わりはいくらでもいる。依頼してもらえるように信頼貯金をする。
  • フリーランス、自分が倒れたらかわりにやってくれる人はいない。健康管理は特に気をつける。

どんなに気をつけても病気になってしまったら仕方ないのですが、極力自分都合でアポをずらすことのないように手は打っていきたいものです。

やめたいこと

会社員の時は、体調が悪くなってもお休みして他の方がカバーしてくれていましたが、フリーランスで仕事を請け負うと休んだら休んだ分だけずれ込みます。
納期ありの仕事は、余裕をもったスケジュールを組みたいもの。

  • 1日8時間仕事できると思ってしまうこと(いまやっているライティングの仕事は、突然フィードバック修正が生じるため。修正が翌日だったりします)
  • スケジュールを詰め込むこと
  • 仕事のために、睡眠時間を削ること

まとめ

机の前に1日10~12時間ぐらい座る生活(計算おかしいけど、おかしくないです。月400時間働いていました。)をしていましたので、今でもどうしても「週6日、1日8時間仕事できる!」と詰め込みすぎです。ちょっと社畜病ですね。

余裕のあるスケジュールを組まないと、体調が悪くなったらすべて崩れます。
健康と納期、スケジュール管理も仕事のうち。毎月読み返して再確認したいと思います。

【昨日の1日1新】
・ビーコルデニムトート