転勤族ママで頼り先がない人は、ファミサポの会員になっておきましょう。|横浜市都筑区で子育て

秋に引越しがある皆さん、お疲れ様です。
転勤族ママの場合、引越し先で頼れる人がいない・実家が遠い人は多いのではないでしょうか。

私も1年間、横浜市で子育てをしながら働いてきました。
子どもももうすぐ3歳になりますし、さらなる応援の手を得るべく、ファミサポの説明会に行ってきました。

利用会員、提供会員の両方を目指しています。
横浜市で子育てされる方の参考になればうれしいです。
DSC_8766
△横浜市都筑区での子育て情報拠点「都筑区子育て支援センター Popola(ポポラ) 」こちらで説明を受けてきました。

ファミサポは実施している自治体が多いと思いますが、念のため有無を確認しておきましょう。
地方の場合、三世代同居も珍しくないためか、ファミサポがない自治体もあります。

ファミリーサポートの概要(横浜市の場合)

まず横浜市のファミリーサポートのWebサイトをご紹介します。
横浜子育てサポートシステムは、安心して子育てができるよう、地域ぐるみでの子育て支援や、仕事と育児を両立できる環境を作ることを目的とした会員制の有償のささえあい活動(有償ボランティア)です。

ハマの子育て「横浜子育てサポートシステム」

子どもを預けたい人は「利用会員」

預かってもらうには、横浜市の各地で行われている説明会に参加しなくてはなりません。
説明会に参加し、会員登録をして初めて利用が可能になります。

横浜市のファミリーサポートの注意事項としては、

  • 原則として、提供会員の自宅でお子さんを預かります。
  • 預けられる時間は、原則として午前7時~午後7時までの必要な時間です。
  • 宿泊を伴う預かりはできません。
  • 病児のお預かりはできません。

また、予約キャンセルする場合、預かってくれる提供会員さんと連絡が取れた時間にもよりますが、半額から全額のキャンセル料がかかります。(前日19時までは無料)
あくまで有償ボランティアで「提供会員さんの空いている時間に、厚意で預かってもらう」ため、提供会員さんが都合が悪くなった場合は諦めなくてはなりません。

子どもを預かりたい人は「提供会員」

提供会員になれるのは、

横浜市内在住で、子育て支援に理解と熱意があり、安全に子どもを預かることができる20歳以上の健康な人です。
子育て経験の有無は関係なく、独身の方も提供会員になることができます。

横浜市の各地で行われている研修に参加して、初めて資格が得られます。

  • 研修会は3日間にわたります。(日程はWEBで公開されておりません!日程が知りたい人は電話で問い合わせましょう。)
  • 遠い会場もあるが、研修会場までの交通費は各自負担
  • 3日間の研修は3日連続で受講できなくてもよい

また、提供会員になるための申込用紙に、看護師・保育士・小学校教師の資格の有無を書く欄がありますが、それらの資格を持っている人は、希望があれば研修科目の一部が免除されます。

DSC_8803

どちらも希望する人は「両方会員」

まず、説明会に参加すると「利用会員」になる資格が得られます。
説明会参加の後、「利用会員」と同じように会員登録のための書類を提出し、受理されれば預かってもらうことが可能です。

また、お子さんを預かる場合は、研修に3日間出て初めて資格が得られます。

依頼から当日までの流れ

ざっくりとご説明しますと、

  1. 子どもを預けたい人がファミサポへ連絡
  2. ファミサポのコーディネーターの方が、提供会員さんを探してくれます(1週間から10日程度かかるとのこと)
  3. 事前に事務局の方と預ける側、預かる側で、一時間程度の面談・打合せを行う。
  4. 預かり開始
  5. 預かっている提供会員は、レポートを記入
  6. 預かり終了。現金で支払い。(ざっくりですが、平日800円、土日祝・年末年始は900円。兄弟姉妹2人預かる場合は、2人目から半額。そのほか習い事などでの待機時間は別途規定あり。)

本当にざっくりで、他に細かい決まりがたくさんあります。

ファミリーサポートで一番多い依頼は「習い事や学校、保育園の送迎」

表題の通りですが、一番多い依頼は送迎だそうです。

ただし横浜市の場合、病児の預かりはできないので「保育園からお熱で呼び出しがあったから、お迎えに行って家で見守って下さい」等のリクエストは不可です。
また、預かってもらう時は元気でも、途中で具合が悪くなった場合、呼び出されます。

そういった場合はやぱりプロのベビーシッターさんがいいのでしょうね。

まとめ

横浜市でのファミリーサポートをご紹介しました。
応援の手はできるだけ多く持っておいたほうがいいです。

保育園の一時保育、病児保育、ファミサポ、ベビーシッター、送迎タクシー。

まだまだあると思いますが、追ってこのブログでご紹介していきたいと思います。

横浜市都筑区子育て中の方へ、おまけ情報

都筑区子育て支援センター Popola(ポポラ) は、横浜市営地下鉄ブルーライン「センター北」駅すぐ。
ショッピングタウンあいたいの5階にあります。
同じビルの2階(と言っても駅改札を出たところが2階です)上島珈琲店とサブウェイがあります。
パン屋さんのポンパドウルは店舗面積拡大工事中。
子育て中のちょっとした休憩にいいですね。

また、3階にはコメダ珈琲店が2017年9月26日(火)のオープンに向けて準備中です。
DSC_8762

【昨日の1日1新】
ネットde手帳工房の「ワタシメイド手帳」オーダー
https://techo-kobo.net/