CITTA手帳3月始まりは薄くて軽いので、買い換えるメリットあり!

2018年愛用中のCITTA手帳、10月始まり版を使っていましたが、今年から3月始まりが発売されました。

CITTA手帳が届きました。バーチカル1時間の高さは7㎜と狭いのに快適!

2018年も紙の手帳を使う皆さん、こんにちは。 バーチカル手帳派の方、必見! アクションプランナー、ワタシメイド手帳、CITTA手帳と比較中の私。 CITTA手帳が届きましたのでご紹介します。 △奥が

bun-ten.com

 

CITTA手帳3月始まりは、薄い・軽い!

10月始まり版を使っているのになぜ買いなおしたかというと、「数か月分ページがない分、薄くて軽い」と聞いたからです。
右(黒)が10月始まり。「DIARY2018」
左(白)が3月始まり。「2018-19」

3月始まりは学生さんや学校・塾関係の仕事をされている方、お子さんの予定を書き込みたいママさんにも使いやすいと思います。

DSC_8445

黒カバーが10月始まり、白カバーが3月始まり。明らかに薄いですよね~!この違いは大きい。
今までアクションプランナーを使っていたので「CITTA手帳は重いな…」と思っていました。3月始まり手帳を購入して、この点が解消されました。

DSC_8453

CITTA手帳3月始まりのカバー色は白・赤の2種類

白カバー

赤カバー

CITTA手帳の生みの親、青木さんの手帳本です

手書きは趣味です!

手帳はアナログの紙手帳、家族間のスケジュール共有がGoogleカレンダー、日記はほぼ日手帳オリジナルと能率手帳ゴールドとほぼ日の5年手帳、子育て日記はスマイソン。

手書き日記は毎日数行を書いているので、すべて続いています。朝5時に起きたらまず前日のことを5年手帳に書き(5分かかりません)、母艦のCITTA手帳で今日やることを確認。ここで今日の晩ご飯の献立と足りない買い物がないか確認します。

ブログとセットで習慣づけると楽ですよ~。

【編集後記】
ブログは毎朝5時頃に、北側の個室で書いています。冷暖房がない部屋なので手がかじかんでいたのですが、今日(3月6日)は寒くない!春と花粉の訪れを感じました。