子連れおでかけブログを書いている人が心がけるといいこと

twitterで仲良くさせてもらっている地域ブロガーさんとお話ししていてこの話題が出たので、書いておきたいと思います。

子連れお出かけスポットを書いている人に共通の悩み。
「子どもの成長によって、書きたいスポットが変わってくること。赤ちゃんを卒業したら、赤ちゃんと一緒に行けるスポットに興味がなくなること」

私はそれでいいと考えています。

わが子の成長に合わせて書きたい対象が変わるのは自然なこと

わが子が卒乳したら、授乳室を探さなくなるのは自然なこと。
小学校に上がったら、博物館に行きたくなるのは自然なこと。

わが子の成長によって出かける場所は変わってきます。

すべての子どもの年齢に合わせたお出かけブログは、「いこーよ」とか「おでかけトヨタ」等、企業運営の情報ブログに任せればいいと思います。

当事者にしか書けないブログを書こう

個人ブログの良さって温度感だと思うんです。
検索でたまたま見つけてもらえて、共通点を見つけてもらえてブックマークしてもらえるとか。まぁ一読してそれっきりという場合もありますけどね、一期一会ですから!(笑)

共通点で親近感を感じるポイントは

  • 住んでいる場所
  • お子さんの年齢、性別
  • お子さんの趣味(わが家なら電車関連スポット)
  • 兄弟の人数、双子、年子など兄弟姉妹の年齢差
  • 家族でできる趣味(キャンプとか)

あたりでしょうか。

私は住んでいる場所が近くて、子どもの年齢が近い(同い年または少し上、これからの子連れおでかけの予習になるため)人のブログはブックマークして読むようにしています。

個人ブログは楽しさを伝えよう

今回は子連れおでかけスポットを運営している人がよく陥る「子どもの成長によって、赤ちゃんお出かけ情報に興味がなくなる」というお悩みについて書いてみました。

まぁわが子の年齢に合わせて好きに書いていたら、いい意味でも悪い意味でも「読者さんに選ばれる」ことになりますが、月間何十万PVほしいぜ!という人以外は、わが子の年齢に合わせて好きに書けばいいと思います。

 

【編集後記】
昨日のブログ記事は色々なご意見を頂きました。私、ふんばり時ですね!

【昨日の1日1新】
新しい仕事のお話しを頂きました!

次の更新は月曜日です。