初めての寄席デビューを応援!~浅草編~

こんにちは、落語大好きなかきつばた@okmtaymです。以前、初めて落語を聴いてみるための記事を書きました。

寄席(よせ)で落語を聴いてみたいけど、まだ行ったことのないあなたへ。とっても気軽に行けるので行き方を解説します!

今日は具体的に浅草演芸ホールへの行き方を説明します。お正月は寄席デビューに最適! ぜひ行ってみましょう!


最新情報

椙原あやめのプロフィール
お問合せはこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム



まずは松屋浅草でお弁当とおやつを買いましょう

寄席は飲食できます。長丁場なのでお弁当とおやつを買って持ち込みましょう。※浅草演芸ホールにも売店はあります。
asakusaeki-matsuya

演芸を聴きながらお弁当を食べるには、片手で食べられるものが便利ですよ。井泉のヒレカツサンドはいかがですか?
matsuya-asakusa-isen

虎屋の最中と一口羊羹をおやつに。
matsuya-asakusa-toraya

浅草駅から歩いて5分、浅草演芸ホールに到着!

asakusaengeihall-access
※アクセスマップ画像は交通アクセス|浅草演芸ホール公式からお借りしました。

浅草駅、田原町駅からのアクセスが便利です。ざっくり言うと「浅草ドン・キホーテの隣り」です。ノボリが目印!

asakusaengei-gaikan
asakusaengei-gaikan2

木戸(チケット窓口)でお金を支払います。

木戸銭(入場料金)は浅草演芸ホールの場合、大人:2,800円 大人:2,800円 学生:2,300円 小人:1,500円になります。お正月などの特別興業では料金が変わりますので、公式サイトで確認してください。
『東京かわら版』を持参すると、月1回に限り大人のみ300円割引になり、2,500円で入場できますよ。
asakusaengei-kido

割引を受けた証拠に、はんこが押されて返却されます。
tokyo-kawaraban-hanko

入場しましょう! (写真が撮れるのはここまで)

asakusaengeihall-hirunobu

asakusaengei-hall-pamphlet

浅草演芸ホールの概要

住所:東京都台東区浅草1-43-12(六区ブロードウエイ 商店街中央)
TEL:03-3841-6545/03-3841-8126
営業時間:
昼の部 11時40分~16時30分
夜の部 16時40分~21時00分
入れ替え制ではないので、一日中(11時40分から21時まで)いても構いません!
定休日:基本的になし
公式サイト:浅草演芸ホール


最新情報

椙原あやめのプロフィール
お問合せはこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム